読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル is ハッピー

シンプルに生活出来る様、色々工夫している様子を綴っています。

長女の発熱胃腸炎、次女の発熱発疹(水ぼうそう?)

先週12/4~9は大変でした。

日・月と、次女(3歳)が発熱&発疹、

火曜日、私が胃腸炎で、立つと吐きがする状態でした。

金曜日、長女(小学2年)が発熱と胃腸炎にやられました。

f:id:happyhappy28:20161212121527p:plain

 

<次女の症状>

次女は発熱前日の土曜日に発疹が出来ていました。

顔に2つ、胴体に5つ、手足に計3つ

水疱ではなく、虫刺されみたいな感じでした。

 

念のため、以前、水ぼうそうの疑い診断時に病院でもらった

軟膏を塗りました。

 

発疹が出来た次の日曜日に発熱。

 

水ぼうそうの予防接種をしていましたが、

次女の保育園では水ぼうそうが流行っていて、

(9日の金曜日で全園で13名休み)

弱い水ぼうそうじゃないかと

月曜日、耳鼻科の先生に診せると、

(鼻水と中耳炎も心配だったので耳鼻科へ行きました)

「この程度の発疹なら水ぼうそうじゃないね。

 多分、発熱の発疹やね。

 これ以上増える様ならもう一度診ましょう」

との事でした。良かった~

 

その後、発熱は月曜日には治まり、

発疹は搔いた所はかさぶたができましたが、

ほぼきれいに治りました。 

 

<私の症状>

火曜日の朝に発熱と吐き気がありました。

発熱よりも吐き気が大変でした。

寝ていればまだマシな吐き気も、

立つと今にも吐きそうな吐き気が有りました。

次女が前日の月曜日まで熱があった為、保育園を休ませていたので、

病院には行けず(次女を連れていくのは大変&感染が心配)

元気一杯の次女を相手しながら、家事をするのは大変でしたが、

次の日には自力で治りました。

 

<長女の症状>

長女は金曜日の午前中、担任の先生から電話で連絡があり、

迎えに行きました。

その時点では吐き気と微熱(37.8℃)で苦しそうでした。

きっと、私の風邪がうつったんだと思います。

 

小児科へ11:30頃に行き、診察を長時間待った(12:20)挙句、

「吐き気止めの薬だけ出しておくから、夜、点滴打ちにおいで」

と言われました。

心の中で「また行くんか~い!この病院にはもう行かぬ!!」

(まあ、午前ギリギリに行ったから、点滴終了を待つの嫌なんだろうね)

と愚痴を垂れつつ、吐き気止めを飲ませて待機。

 

吐き気止めで吐き気は治まったものの、熱が38.5℃と高くなり、

先生が「点滴と血液検査しましょう」と言うのですが、

長女がかたくなに「注射は嫌だ~!」と泣きまくるし、

私自身、点滴は大袈裟だな~と思っていたので、

何度も先生に「薬のみで様子を見ます」と頼んで、

点滴は無し、薬を処方してもらうだけになりました。

 

そして、その晩、解熱剤と処方された薬を飲んで、就寝。

次の日には元気になってました。

 

 

病気になると健康の大切さがよく分かります。

みんな、元気になって良かった~