読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル is ハッピー

シンプルに生活出来る様、色々工夫している様子を綴っています。

子供に、箸の持ち方を教えようと思った『きっかけ』

最近、子供に、箸の持ち方をちゃんと教えようと考えています。

 

そのきっかけになったのが、コミック「ドラゴン桜」経由で知った

「個性を捨てろ!型にはまれ!」という本です。

早く、楽に成功したければ、

まず、先駆者で成功者の真似をしろ!

真似をして『型』を身に付けろ!

という内容の本です。

 

この本の中で

「成功には『型』がある」事を説明する際、

例として

「箸で焼き魚を食べる時、キレイに食べようと思うなら、

 とりあえず「正しい箸の持ち方」をマスターするに限る。

 決してオリジナルの「もっといい持ち方」や「自分ならではの持ち方」

 を模索してないけない。そんな試行錯誤は、

 もうとっくの昔に先人たちが終わらせていて

 「箸の持ち方はこう!」決まっているのだ。」

と記載されています。

 

私自身、箸の持ち方については、親から

「そんな箸の持ち方していたら、みんなに笑われるよ」

と言われて教えられたので、

「世間体が気になるから正しい箸の持ち方をしなくてはならない」

と思い込んでいました。

そして、「世間体」思考があまり好きではない私は、

「世間体を気にして、食事中に箸の持ち方を注意してたら

 ご飯が楽しく食べられなくなるよ。」と考え、

箸の持ち方を子供にちゃんと教えていませんでした。

そのせいで、小学2年生の長女の箸の持ち方は、変です。

f:id:happyhappy28:20160924115649j:plain

(↑まちがいの方の持ち方をしています)

 

なので「個性を捨てろ!型にはまれ!」の本を読んで、納得。

長女にも「なぜ、このような箸の持ち方をしなくてはならないか」

を伝え、箸の持ち方をちゃんと教えようと思います。

 

しかし、食事中に「箸の持ち方、違う違う!」と言うのは嫌なので、

お菓子を箸で食べさせたり、箸を使ったオモチャで遊ばせたりして、

箸の持ち方を練習させようと思います。

↑100円均一ダイソーで見かけたので、今度、購入します。