読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル is ハッピー

シンプルに生活出来る様、色々工夫している様子を綴っています。

今の日本に住めて幸せを感じさせる本

以前、A1理論さんが記事にしていた中で

okite.hatenadiary.jp

「ちきりん」さんの本を勧めていて、気になったので

図書館で「ちきりん」さんの本を数冊、借りてきました。

その「ちきりん」さん著の本の1冊

「世界を歩いて考えよう!」 

 この本を通勤の電車の中で読んでいたのですが、

…結構、面白いです。

へぇ~な話が大半なのですが、その中で泣ける話が

213頁の「格差が意識されない社会」

 

『インドで「制服を着て、リクシャーに乗って、小学校に通っている女の子」

と、「リクシャーと引いている、女の子と同い年位の男の子」を見て、

「こういう風景を見なくて済む、今の日本に住んでいる自分が

どれほど恵まれているか」と痛感した。

 

今現在、日本は経済格差が問題視されているけれど、

それは多くの人が「格差」を認識しているから出来る事で、

格差が当然のように存在する社会では、

格差自体が(少なくとも当事者には)認識されない。

「学校に行く子供」と「働く子供」がいる社会は、豊かな社会とはいえないが、

もっと心が痛いのは、

それを日常の中に受け入れてしまっている子供であり、社会である。

「格差の有無」よりも「格差の認識の有無」の方が、

見ている者の心を突き刺すのだと、この光景を見て教えられた』

そうです。

 

子供を持つ母親だからなのか、この文章を書いている時も涙が止まりません。

色々とタメになる本でした。